平塚・大磯・二宮の不動産(一戸建て・売地・マンション)等をお探しの方やご検討中の方、神奈川県平塚市・中郡大磯町・二宮町の物件情報を沢山ご用意させていただいております。

住まいの相談室 平和ホーム株式会社ホームページ  >>  Q&Aコーナー

Q&Aコーナー

不動産購入に関するよくある質問をQ&A形式で集めました。

不動産Q&A
Q1. 物件の良い選び方は?

まずはご希望する条件をまとめておくことが大切です。 お住まいになりたい地域や間取りはもちろん、購入の際の価格、新築か中古なのか、一戸建てかマンションなのか…。後は、条件で何を優先にするかを決めておければおのずと、イメージが湧いてきます。

Q2. 安くて良い物件はありますか?

人にはいろいろな好みがあります。物件にもいろいろな顔があります。立地や間取り、新築や中古、戸建てやマンション、都会や地方など多種さまざまの中で、安くて良い物件とは、その人・その家族・その家庭にあった物件であり、平和ホームではその物件を誠心誠意心をこめて探させていただきます。

Q3. 不動産仲介業者とは?

不動産仲介業者とは売主と買主との間に立って、取引を仲立ちする不動産業者です。

俗に「不動産取引の仲人役」と言われていて、不動産の売却や賃貸される方(売主や貸主)と不動産の購入や賃借される方(買主や借主)の双方からの依頼を受けて、募集活動から調査・契約・引渡し完了まですべての業務を責任を持って行います。

Q4. 仲介手数料はどれくらい?

仲介手数料は、一般に下の計算式で求めます。(消費税含む)

・売買価格の200万円以下の部分は5.25%
・200万円を超え400万円以下の部分は4.2%
・400万円を超える部分は3.15%

ただし、売買価格が400万円を超える場合は、「売買価格×3%+6万円(税別)」という速算式を用います。 ここでいう売買価格とは、総額表示価格から税を抜いた価格をいいます。

Q5. 不動産業者によって取り扱い物件は違うの?

物件情報は9割型どこの不動産業者でも取り扱いが出来るようになっています。しかし残りの1割は独自の情報ネットワークによるものであり「どこの不動産業者も同じ」というものではありません。平和ホームでは、地域密着重視の不動産業者として、他には負けない情報力を自負しております。

Q6. 借入れはどれくらいできるの?

銀行審査には3つの基準があります。 1つ目は、お給料の中からこの位は返済できるとされている基準があります。これを返済比率といいます。 2つ目は、購入する物件によって、どの位貸してもらえるかが異なります。これを物件の担保評価といいます。 3つ目は、返済期間です。購入する物件によってさまざまです。最長35年ローンなどもあります。 この3つが全てクリアされると(借りられる、貸してもらえる)金額が決定します。 まずは、ご用意できる頭金(自己資金+親からの援助を含む)と、お客様の毎月々及びボーナス時の支払可能金額をお気軽にお伝えください。頭金が0円の場合も大丈夫です!弊社担当がお客様に合ったシミュレーションを行いますので、お気軽にご相談ください。→ローンシミュレーション

Q7. 住宅ローンの種類は?

民間ローン(金融機関)のほかに、住宅金融支援機構などもあります。 ローンは申込人様の条件や住宅の条件、バリアフリー、省エネルギー工事などによって割増融資、金利や返済期間等、複雑で頻繁に変更及び改定がなされるため、最新の情報を入手することが必要です。 ※平和ホームさんは、限られた銀行だけしか取り扱いが出来ないのですか? そのような事はございません。むしろ取り扱いできる取引銀行が市内トップクラスと自負しています。不動産購入にあたり、住宅ローンはお客様にとって重要なウエイトを占める部分です。その為、数多くの銀行とタイアップしてバックアップの体制を整えております。 お客様にとってベストな銀行選びも当社でサポートさせていただきます。お任せください。

Q8. 売買代金以外にかかる諸費用はいくら?

不動産の購入代金の他に下記の諸費用がかかります。物件により、下記項目以外の資料や費用等が必要になる場合があります。

印紙税 不動産売買契約と住宅ローンの借入時に売買契約書に貼ることにより納税します。
(物件価格が1,000〜5,000万円の場合、1万5千円〜2万円です。)
事務手数料 住宅ローンの借入にかかる事務手数料です。
(金融機関によって金額が異なりますが、3万〜5万円程度)
ローン保証料 住宅ローンを支払えなくなったときに、保証会社が代わりに金融機関へ返済するため保証会社へ支払うもの。
(金額は、借入金額や借入期間によってことなります。)
団体信用
生命保険料
債務者に万一のことがあった場合に、この保険で住宅ローンの残高を支払います。借入金額、借入期間、返済方法により保険料は異なります。
(銀行ローンの場合は、金利に含まれているケースがほとんどです。)
登録免許税 登記を受けるときに必要な税金です。
(物件の種類や借入金の額により異なります。)
司法書士への報酬 登記の内容や物件の価格(課税標準価格)によりまちまちですが、報酬基準に準じ報酬額を決め、算定方法・諸費用を依頼者に明示した後、合意によって決定します。(物件価格が3000万円〜5000万円の場合、10万円〜20万円程度)
仲介手数料 仲介する不動産会社に支払う費用です。『売買金額×3%+6万円+消費税』が上限額となります。
その他 火災保険料や引越し費用、取得後の不動産取得税、固定資産税・都市計画税の精算金などが必要です。

Q9. 住宅ローン控除とは?

返済期間10年以上の住宅ローンを利用して住宅を購入又は新築した場合、居住を開始した年から一定の期間所得税の一部が戻ってくる制度です。又、控除が受けられる住宅の要件があります。(要件を満たす場合でも控除が受けられないケースがあります。) ※詳しくは、担当者及び税務署にお問い合わせください。

Q10. 不動産を持っていると税金ってかかるの?

固定資産税、都市計画税がかかります。
※税金がいくら位かかるかは、担当者へお問い合わせください。

Q11. 建築条件付売地って何?

建築条件付き土地の略。土地の売買契約と建物の建築請負契約を一体にした取引方法で、土地の売買契約が先行しますが、その土地上に建てる建物の建築請負契約が成立しなければ、土地の売買契約は解除されます。
建築請負契約の成立に向けて設計プランを協議するため、必ず3カ月以上の交渉期間が設定され、その期間内で希望を満たすプランが実現できたかどうかにより結論を出します。
納得のいくプランができない場合は、やむを得ず期間満了前に解約することも可能で、その際、支払い済みの手付金などはすべて返却されます(これについては土地売買契約時に必ず契約書面にて確認してください)。また、条件付では土地売主と建物請負人が異なる場合があります。